茨城 ホームセキュリティ

茨城で産まれ育ち、茨城県水戸市に一戸建ての家を建てました!


はじめまして。貴文35歳です!


僕は茨城県土浦市で産まれ、その後父親の仕事の関係で小学校から高校までは日立市で過ごし、大学時代はつくば市で1人暮らしをしていました。


大学卒業後は水戸市の会社に就職したので水戸市の賃貸マンションで1人暮らしをしていましたが、28歳の時に結婚し、そして30歳の時に水戸市に新築一戸建ての家を建てました!35年ローンです!


最寄り駅は水戸駅で、水戸駅まで車だと15分くらい、歩けば30分以上かかりますが、電車を利用することはあまりないので、駅まで遠くても全然問題ありません(;^_^


会社も水戸駅に近く、車で10分くらいなので、通勤時間でストレスを感じることもありません(^_^)


まだ住宅ローンが30年残っていますが・・・、家族のためにも頑張りたいと思います!


治安の悪い?茨城でホームセキュリティを考える


さて茨城に住んでいるとそれほど治安が悪いとは感じませんが、残念ながら茨城県は世帯数に対する住宅侵入認知件数(空き巣等)の割合が毎年、全国でワースト上位(ワースト10位以内)に入るというニュースを見ました(´△`)。


つまり、全国的に見れば茨城は空き巣被害にあっている家が多いということです。


僕は茨城県にしか住んだことがないので他県の事は分かりませんが、僕の友人、知人の中で空き巣に入られたという話は聞いたことがないので、自分が住む茨城って日本の中では治安が悪いんだという実感はあまりありませんでした。


確かにヤンチャな若い子は多い気もしますが・・・、日本は治安が良いので、その治安の良い日本の中では茨城は治安が悪い部類ですよということだと思いますが。。


茨城は治安が悪いというニュースを見てから少し不安になり(;^_^、また今は嫁と長男、長女の4人暮らしですが、子供がまだ小さいので、家の防犯は大丈夫かな?と考えるようになりました。


僕の家はどこにでもあるような一戸建てで、敷地内に入ろうと思えば簡単に入れますし、夫婦共働きなので家を留守にする時間もあるので、もしも空き巣に狙われたら防ぎようがないのが現実です。。


そこで費用は掛かりますが、ホームセキュリティの利用を検討することにしました!


ホームセキュリティといえばテレビCMで見るセコム、アルソックの2社しか知りませんでしたが、茨城であればセントラル警備保障、全日警といった警備会社も利用できるみたいなので、この4社のうちどこかのホームセキュリティを利用しようと思いました。


ただセントラル警備保障、全日警の2社はあまり知らないというか、ステッカーを貼っている家を見たことがないので・・・、利用者が少ないホームセキュリティを契約して大丈夫かな?と、不安な気持ちになるのも嫌なので(実際は大丈夫だと思いますが)、今回、僕たちはSECOM、ALSOKの有名な2社のうちどちらかにしようということになりました。


セコムとアルソックにホームセキュリティの見積もりをお願いしました


ホームセキュリティを利用することに決めたので、早速セコムアルソックの2社の資料をホームページから請求しました。




アルソック(ALSOK)は資料請求した日の2日後、セコムは3日後に資料が届きました。そして2社の資料に一通り目を通し、全く知らなかったホームセキュリティのシステム、料金相場を勉強し、当然、資料を見ただけでどちらかに決めることはできないので、実際に家に来てもらって見積もりを出してもらうことにしました!


ホームセキュリティの見積もりなんてちょっと緊張しますが(;^_^、嫁が自分だと分からないというので・・・、僕が休みの日にセコムとアルソック2社の見積もりに来てもらうことにしました。


最初に見積もりに来てもらったのがアルソックです。


我が家は一般的な4LDKの一戸建て住宅で、セコムとアルソックの資料にも我が家と同じ一戸建て4LDKのプラン例、料金例が載ってあったので、資料に載ってあった基本的なプラン(オプションなし)で見積もりを出してもらうことにしました。


アルソックbasicの見積額は我が家の場合、資料のプラン例よりも窓に取り付けるセンサーが多かったため、以下の通り料金例よりも多少高い見積もり金額でした。。



アルソックBasicのプラン例(4LDKの一戸建て)



アルソックBasicの料金例(4LDKの一戸建て)



実際に提示されたアルソックの見積額


アルソックの営業マンからは、「センサーの数を減らしては元も子もないと思いますので・・・」と言われました(´△`)。


ちなみにアルソックbasicは支払方法が機器を買い取るプラン、レンタルするプラン、初期費用が一切かからないゼロプランから選択でき、5年総額で考えるとどのプランも料金差はほとんどありませんでした(5年以降は機器を買い取るプランが安くなっていきます)。


アルソックの見積もりが終わって約2時間後にセコム(SECOM)の見積もりとなりました(;^_^


セコムの家庭向けホームセキュリティの場合、一般的な家(間取り)、プランであれば10年くらいまでは機器を買い取るプランよりもレンタルプランのほうが総額が安くなるようなので、今回もレンタルプランで見積もりが出されました。


セコムはセキュリティの設定、解除をするホームコントローラーを家の中で持ち運べるタイプのセコムNEO、壁に取り付けるタイプのセコムGカスタムがあり(家の中で持ち運べるG-タブレットはオプション)、セコムGカスタムのほうが料金が安いということで今回はセコムGカスタムの見積もりをお願いしました(アルソックbasicはGカスタムタイプ)。


セコムの見積もり金額は以下の通りで、資料に載っていた料金例よりも安い見積もり額が出され、セコムGカスタムの見積もり金額はアルソックbasicよりも安かったです!



セコムGカスタムのプラン例と料金例(4LDKの一戸建て)



実際に提示されたセコムGカスタムの見積額


○アルソックBasic 機器レンタルプラン

0円(機器費)・57,200円+税(工事費)・0円(保証金)・7,140円+税(月額費用)


○セコムGカスタム 機器レンタルプラン

0円(機器費)・50,000円+税(工事費)・0円(保証金)・5,000円+税(月額費用)


セコムとアルソックどちらも基本的には5年契約で、5年目以降は1年ごとの更新となり、仮に5年以内に中途解約した場合は解約料が必要になると契約書には記載されています。ただ自宅で契約した場合は訪問販売法によって5年以内に中途解約しても解約料等がかからない可能性が高いと言われています。セコムの場合は訪問販売によって契約した場合は解約料は請求しないと記載されています。いずれにしても解約の扱いはケースによって異なるかもしれませんので、契約前に必ず確認しておきましょう!

セコムと契約!工事から利用まで


今回我が家の見積もりは、1階のドア、窓にすべてセンサーを付けて、2階はベランダがある窓2か所、そして空間センサー(人体の熱を感知)を1階と2階、火災センサーを1階リビング(すでにキッチンには火災センサーが付いていたため)、そして家の中で持ち運べる非常ボタン、玄関外に取り付けるライト(異常を感知すると点滅する)、ステッカー、玄関内にセキュリティのセットと解除ができるBOX(セコムのみ)という基本プランで(オプションなし)、付けるセンサーの数等はセコムとアルソックで同じで、単純に価格を比較してセコムのほうがアルソックよりも安いという見積もり金額だったのでセコムと契約することに決めました!


ちなみに警備員(緊急対処員)が待機している場所(緊急発進拠点)から我が家までの時間は、道路の混雑状況によって変わりますが、セコムが15分前後(約6km)、アルソックも15〜20分(約7km)と言われました。


緊急発進拠点について


ホームセキュリティを利用するなら、セコムのステッカーがいいなーと個人的には思っていたので(;^_^、料金がセコムのほうが安いなら悩む必要もありませんでした。


さてセコム・ホームセキュリティを利用することを決め、早速セコムと契約し、契約から10日後にセンサー類の工事となり、工事が終了したその日から利用開始となりました。



セコムの契約ファイル



SECOMステッカーとICカード4本



セコム・ホームコントローラーを壁に取り付け中


最初は嫁も「操作が難しそうだね?」と言っていましたが、全然そんなことはなく、タッチパネル式で画面も大きいので、基本操作はとても簡単で間違えることはあまりないと思います。


ただ外出時にICカードを差し込んで外出セコムにするのを忘れたり、家にいるときに在宅セコム中(セキュリティ中)にしているにもかかわらず、窓やドアを開けて警報音を鳴らしてしまうことは何度かありましたが(-。−;)



在宅中=セキュリティ解除中



ICカードを差し込んで外出セコム中(3分以内に家を出なければなりません)



玄関内に取り付けたセット解除ボックス(ICカードを差し込んで外出セコムのセット、解除ができる)


SECOMステッカーは契約書類と一緒に15枚(大5枚/小10枚)渡され、好きな所に貼っていいと言われたので、玄関扉に大1枚、1階の窓に小2枚、2階のベランダがある窓に小2枚、計5枚(大1枚/小4枚)貼りました(^_^)



玄関扉に付けたSECOMステッカーとフラッシュライト(異常を感知すると点滅する)


またSECOMアプリも利用できるので、これから色々活用していこうと思います!


セコムアプリの説明書



セコムとアルソックのアプリ


茨城のホームセキュリティはどこがいい?


茨城県内でホームセキュリティを選ぶ場合、どこの警備会社がおすすめでしょうか?


今回我が家の場合、セコムとアルソック2社のみ見積もりをお願いし、今回はセコムのほうが価格が安かったですが、価格は一戸建て、マンション、間取り、窓、ドアの数、オプションなどによって変わってくるので、全ての家でセコムが安いというわけではありません。


またセントラル警備保障、全日警の2社には見積もりをお願いしませんでしたが、料金だけを比較すればもしかしたらこの2社のほうがセコムよりも安かったかもしれません。


ただホームセキュリティで最も大切なのは利用料金ではなく、どの警備会社のホームセキュリティが信頼でき、大切な家、財産、家族を守ってくれるかと言うことです。


もちろんホームセキュリティを利用したからといって100%、家、財産、家族が守られるわけではありませんが、ステッカーを貼っているだけで防犯効果も期待できますし、例え空き巣等の被害にあった場合でも被害を最小限に抑えられる可能性が高いので、費用は掛かりますが、家族が少しでも安心して暮らせるなら必要経費と割り切ってもいいかもしれません。


いずれにしても料金やホームページの情報だけでホームセキュリティを決めるのではなく、実際に見積もりを出してもらい、営業マンの話を聞いてから、どこの警備会社のホームセキュリティにするかを決めましょう!



選ぶなら、セコム・ホームセキュリティ





ALSOKホームセキュリティBasic

HOMEALSOK みまもりサポート



セントラル警備保障


全日警ホームセキュリティ


セコム・アルソックの資料をまとめてお取り寄せ




更新履歴